ネットショップの事業者は必見|チャージバックの被害対策

データ化して書類を管理する

オフィス

企業にとってクライアントとの契約書は非常に大事な書類です。ですから、しっかりと管理することが重要ですが、紙媒体で管理するよりもデータ化して管理した方が作業効率はアップします。そのため、契約書管理のサービスを利用しましょう。

More Detail

ターゲットを決める

パソコンを操作する人

効果的なDMを発送すると、イベントや展示会の成功に繋がります。自社の商品やサービスを利用してくれることが期待できるので売上が上がるでしょう。そのためには、ダイレクトメール発送代行業者に依頼してください。宛名の記入を行なってくれます。

More Detail

手書きの原稿をデータ化

パソコン操作する人

社内にある過去の資料や手書きの原稿をデータ化すると、業務の効率がアップするでしょう。ですから、データ入力代行業者を利用してください。入力ミスもなく、スピーディーにすべてのテキストをデータ化することができます。

More Detail

不正利用の被害

オフィス

インターネットによって生活はとても便利になり、ビジネスは多様化しています。現在はインターネットを利用して、世界中の人に自社の商品やサービスを提供することができます。ですが、インターネットを利用した犯罪も増えてきています。ネットショップを運営している事業者は多くいるでしょう。自社の店舗に行くことが難しい遠方の人にも商品を販売して利用してもらうことができます。多くの場合は代金の支払いはクレジットカードを利用しますが、所有者のカードが不正利用されることで、チャージバックが発生します。ネットショップを運営している事業者は、チャージバック対策をしないと大きな損害を被ることになるので注意してください。

クレジットカードの不正利用で狙われる商品は、ブランド品や高級家電製品、そしてチケットや商品券などです。単価や換金率が高い商品を狙う傾向があります。中規模のネットショップなどは、チャージバックに遭うと経営が傾くこともありますので、しっかりと対策をすることが大事です。

現在主な対策方法は、3Dセキュアと呼ばれる本人確認と、チャージバック保証の2つです。3Dセキュアは、クレジットカードを利用する前に、独自のパスワードを設定して認証しないと利用できないようにする仕組みです。他人が不正にクレジットカードを利用することを防ぎます。そして、チャージバック保証は、毎月数千円を保証会社に支払い、チャージバックが発生したときに損害をカバーしてくれるサービスです。

Copyright © 2016 ネットショップの事業者は必見|チャージバックの被害対策 All Rights Reserved.