競馬学校では騎手になるための勉強ができる

競馬学校に入るには高倍率を勝ち抜かなければならない

競馬に関わる仕事ができる

日本では公立で競馬の事業が経営されています。こういった場所も就職先として検討すると良いでしょう。競馬学校では競馬に関する様々な職業を学ぶことができますが、その中でも華やかな職業が騎手といえます。

競馬学校では騎手になるための勉強ができる

競馬

騎手課程は競争率が高い

競馬学校は騎手、厩舎職員、JRA職員になるための課程に分かれています。
その中でも騎手課程は競争率が高く、合格者は30人に1人という大変狭き門となっています。試験も二段階あり、もし150名の受験者がいれば一次試験で約30名までに減らされるでしょう。

レース会場

騎手になるための一次試験

騎手になるための試験として、一次では筆記試験や集団面接などが行なわれます。これは普通の専門学校と同じような内容ですが、筆記試験はごく簡単なもので中学二年生程度の学力があるかどうかが測定されます。そしてなにより体力的な勝負の世界なので、体重測定や運動機能の検査も必須となります。

観客

二次試験では適正が試される

騎手課程の一次試験に合格すると、二次試験ではよりプロフェッショナルの適性があるのかどうかが問われます。運動機能検査や健康診断もより精密なものになってくるでしょう。馬に乗る騎手は大変プレッシャーがかかり、注目される職業だからです。

広告募集中